クチコミ・体験談

平均偏差値39.5から偏差値が平均20.5伸びた実績

一般的な塾の合格実績は、元から偏差値が高い生徒さまの合格実績を並べることが多いです。

しかし下記に並べている合格実績は全て英語が苦手だった生徒さま(平均偏差値39.5)の合格実績になります。

関西学院大学 人間福祉学部 現役合格🌸(2019年)

スタート偏差値35→偏差値62.5

高槻北高等学校(大阪)の生徒さま

東京理科大学 理工学部 合格🌸(2018年)

スタート偏差値40→偏差値60(英検2級合格)

浪人(東京都)の生徒さま

東洋大大学総合情報学部 現役合格🌸(2018年)

スタート偏差値29→偏差値50

柏中央高等学校(千葉県)の生徒さま

青山学院大学 経済学部 現役合格🌸(2017年)

スタート偏差値51→偏差値65

芝浦工業大学 柏高等学校(千葉県)の生徒さま

明治学院大学 国際学部 現役合格🌸(2017年)

スタート偏差値42→偏差値62

学内TOEICテスト 270位⇢1位(545人中)

東洋大学付属牛久高等学校(茨城県)の生徒さま

國學院大学 経済学部 現役合格🌸(2017年)

スタート偏差値40→偏差値60

流山南高等学校(千葉県)※大学受験率1%の高校の生徒さま

※コアラボ設立以前の担当生徒を含む ※偏差値は全て河合塾さま調べ

入塾3ヶ月で偏差値が27.5伸び、偏差値62.5の第一志望大学に合格

2019年6月20日に入塾の高校3年生の生徒さま

スタート偏差値35→3ヶ月間、16回の授業→偏差値62.5 関西学院 人間福祉学部 社会起業学科AO入試に合格(2019年10月11日)

スタート偏差値は河合マーク模試の数値。入塾後、全16回の英語の授業を行い3ヶ月という短期間で英作を含む高難易度な関西学院のAO入試の英語にて合格できる実力に。

実際に対策を行った関西学院大学AO入試過去問。英作を含む高難易度な問題にも正解。

染谷が運営・指導を行う高校生キャリア支援AOzora塾でAO対策も並行して行い、大学卒業後の具体的なキャリアを描きました。そして、そのキャリアを叶えることができる大学・学部にチャレンジし、合格できたというこれ以上ない実例です。

実際の合格通知書

入塾後4ヶ月で偏差値が28アップ

2019年2月24日に入塾の高校3年生の生徒さま

スタート偏差値40→4ヶ月間、18回の授業→偏差値68(2019年7月24日)

スタート偏差値40は河合マーク模試での数値で得点は67点/200点。

4ヶ月後の偏差値68は河合マーク模試過去問での偏差値で得点は188点/200点。

8ヶ月後の段階で早稲田大学基幹理工学部、東京理科大学理工学部の問題で合格最低点を超える結果に。

愚直に宿題をこなしていただき、正しい英語学習を行った中で達成した偏差値アップの実例です。

実際に演習を行った東京理科大学理工学部2018年の問題

入塾後2ヶ月でテストの得点が90点アップ

2019年8月7日に入塾の高校2年生の生徒さま

前回の定期テストの英語の得点で1桁をとってしまい、入塾。

入塾2ヶ月後の10月の英語のテストにて、周囲の友人が15点〜高くて40点という得点をとる中、97点という超高得点をとることができました。

お母さまいわく「外食後のデザートを買う時間を拒否し、英語の勉強がしたいと言った」というほどに英語が大好きになり、熱中することができた故の結果です。

実際にお母さまから頂戴したメッセージ

コアラボに通っていただいた生徒さま、保護者さまからの喜びの声

Googleのクチコミにていただいたレビューの一部をご紹介させていただきます。

全てのクチコミはこちらより確認が可能です。

英語の偏差値が35だった僕が関西学院大学に合格できたのは染谷先生のおかげです。(偏差値27.5アップ

スタート偏差値35→3ヶ月間、16回の授業→偏差値62.5→関西学院大学 合格

生徒さまよりいただいたクチコミ(2019年10月)

受験に絶望していた最中、コアラボと出会ったんです

僕は染谷先生のおかげで関西学院大学のAO入試に合格することが出来ました。

僕はもともと英語が苦手で学校の授業についていくことができず、模試では英語の偏差値が35になってしまい、受験に絶望していました。そんな時に母親がコアラボを知り、藁にもすがる思いで英語を教えていただきました。 実際に会って体験授業を受け、タブレットを使って品詞について説明してもらいました。品詞とはいわゆる、名詞、動詞、形容詞、副詞の事なのですが、それぞれがどのような役割を果たしているかなどを初めて知りました。

学校では教わらない、英語の仕組みが理解できました

6月の終わりから本格的に動名詞や不定詞、分詞構文などの授業を受け、学校では教えられない英語の文法の仕組みを教えていただきました。宿題の量は多かったのですが、すらすらと解くことができたのは、英語が苦手な僕でも理解できるほど、染谷先生の授業がわかり易かったからです。

入塾2ヶ月後には、ほとんどの英文を訳すことが出来ました

8回の授業が終わる頃には僕の英語力は人並みに追いついていたと思います。 8月に入ると、長文問題を解いていきました。問題を解き終わると、1時間半かけて長文の翻訳を行う授業を一ヶ月受けました。 9月にはほとんどの英文を訳す事ができるようになっていました。

偏差値35から3ヶ月、偏差値62.5の関西学院に合格できました

AO入試一次試験は9月初旬にあったのですが、3ヶ月前までは苦手だった英語を十分に蓄えた力で挑むことができ、比較的難しい和訳問題も解くことが出来ました。 その後の2次もAOzoraの面接対策を直前まで行ってくださり、万全の体制で二次試験を受け、無事に合格することができました。

英語の偏差値が35だった僕が関西学院大学に合格できたのは染谷先生のおかげです。

人生を変えてくださり、ありがとうございます。

実際のGoogleでのクチコミ画面

親が引き出せなかった息子のやる気を引き出してもらった上で、英語の伸び代を最高に伸ばして頂きました。

関西学院に合格をした生徒さまの保護者さまよりいただいたクチコミ(2019年7月※10月に追記をいただきました。)

受験を控えた息子の偏差値が35、とても厳しい状態です

高3の息子の保護者です。 これまでずっと英語が苦手で、模試の偏差値は35、とても厳しい状態です。 どん底から少しでも這い上がりたい思いで コアラボ に問い合わせをしました。 体験授業では あるテストを使って 息子の特徴、得意な事などを教えてもらい、英語だけではなく、受験や将来についても沢山アドバイス頂きました。 染谷先生の 独自の英語の授業、教養の幅広さと熱意には 大変感動致しました。

まだまだ息子は伸び代があるのだと、希望が見えました

現在、苦手克服コースを半分終えた所ですが、英語を初めて理解し出しております。 学校の授業も わかるようになってきました。 今までと何が違うのか?聞いて見ると… 誰も教えてくれなかった英語の仕組みを教わり、授業内で理解できるので、わかっている状態で宿題がこなせる。 基礎の基礎から教えてもらい、質問の意図を直ぐに理解して答えてくれるのが 助かる と話しています。 まだまだ息子は 伸び代があるかもしれません。 諦めず このままお世話になりたいと思っています。

想像だにしなかった結果に。偏差値62.5の大学に3ヶ月に合格(2019年10月20日 追記)

この度染谷先生のお陰で、偏差値35だった息子は難関私立大学に合格する事ができました。想像もしない結果にとにかく驚き、大変満足しております。苦手だった英語は、3ヶ月で完全に克服し、むしろ得意になって大学受験を迎える事ができました。 染谷先生との出会いで、息子の人生は大きく変わったと思います。

英語と並行してAOzoraを受講し、ピタッと来る職業を見つけてもらった事で完全に英語のスイッチが入りました。 英語ができるようになった事で自信がつき、気持ちにも変化が起こりました。本来志望していた大学より偏差値の高い某大学のAO入試にチャレンジしたいと言い出したのは、5回目の授業を終えた7月中旬頃でした。

英語の試験が難しい記述式に・・・。しかし、完璧に対応できていたんです

志望校を変えた事で、英語はマークシート式から記述式受験になりました。果たして今から間に合うのだろうかと心配する私とは対照的に、息子はブレる事なく目標に向かって本気で勉強し、染谷先生もまた本気でサポートして下さいました。高3の夏休みの勉強は凄まじく、長文読解を完璧に仕上げる為に単語はターゲット1900を全て暗記して入試に臨みました。迎えた入試では、わからない単語は一つもなく、持ち帰った問題用紙には、教えてもらった通りの解き方で書込みしてありました。

英語の苦手から超得意に、最高の進路を獲得できました。

あれだけ苦手で嫌いだった英語を ここまで頑張れたのは、染谷先生が最短で理解できるように完璧な順序で一からわかりやすく教えて下さった事に加え、生徒の素質を見抜く力もまたプロなのではないかと感じます。息子の性格、性質を見事に見抜き、何をどれくらい埋めると、どのレベルまで持っていけるのか、この辺りを毎回丁寧に探りながら授業を進めて下さったのだと思います。

親が引き出せなかった息子のやる気を引き出してもらった上で、英語の伸び代を最高に伸ばして頂きました。

本当に有難うございました。

第一志望の難関私立大学に合格することが出来て、感謝の気持ちで一杯です。(偏差値20アップ

スタート偏差値40→3ヶ月間、20回の授業→偏差値60→東京理科大学 合格

保護者さまよりいただいたクチコミ(2019年3月)

通っていた塾に煮詰まり・・・。そんなときにコアラボを見つけました。

次の年に大学受験を控えていた9月のことです。

それまで通っていた塾で煮詰まっていた時でした。英語が苦手な娘がインターネットを通じてコアラボを探して来ました。「2カ月で偏差値10アップ」のうたい文句に最初は半信半疑でした。しかしながら染谷先生は毎回とても熱心にツボを押さえた指導をされており、娘の能力を引き出すことに長けていました。

丁寧な授業報告で、安心できました。そして偏差値10アップが実現!

毎回どのような授業内容だったのかメールで知らせて下さり「頑張っていますね」「英語読解能力が伸びてきましたね」の言葉に安心しました。

11月には英検2級、TEAP 4技能を突破することが出来ました。偏差値10アップは本当なんだと実感しました。

またストレングスファインダーを親子共々行うことを勧められ、やってみたのですが娘は自分の強みを知ることができて自信につながりました。

娘が第一志望である東京理科大学に合格できました。

お互いの特性が客観的によくわかり親子関係を構築する上でも大変参考になりました。

受験が迫り緊張していた時期でも染谷先生の細やかな気配りと励ましで無事終えることが出来ました。結果第一志望の難関私立大学に合格することが出来て、感謝の気持ちで一杯です。

コアラボを選んで本当によかったと思っております。

実際のGoogleでのクチコミ画面

英語が今では娘にとって1番楽しい教科に変わっていることが信じられないくらいです。

高校2年生の保護者さまよりいただいたクチコミ(2019年10月)

英語が苦手な娘のために、なんとかいい先生を探していました

英語が苦手で嫌いな娘の為に良い先生をと必死にさがしていた時に染谷先生との出会いがありました。正直そんなに短期間で成績が上がるのか、、、、と思いつつも染谷先生とお会いしてお話していくうちに、染谷先生から発される 言葉ひとつひとつから力強さと熱心さ、そして 優しさが伝わり染谷先生にお願いすることに致しました。

英語の嫌いな娘が課題を必死に取り組む姿がありました

染谷先生には文法の確認、長文読解、単語の習得方法など細かく指導して頂き、その都度授業内容の詳細をご報告くださるので大変ありがたく思っております。娘は今まで染谷先生のように細かく的確な指導してくれた先生はいなかったと話しており、英語の嫌いな娘が出された課題を必死に取り組んでおりました。その姿から染谷先生を信頼しこの塾にかける娘の真剣な気持ちが伝わってきました。

英語に対する納得感が積み上がった結果、2ヶ月後の定期テストで大幅成績アップ!

授業を進めていくなかで、自信を失っていたことによる娘の不安な気持ちに常に寄り添ってくださり、授業の回を増す度に自信をつけてくださったことで英語に対する娘の意識は確実に変化していきました。 意識の変化に比例するように日々の学習で ひとつひとつの問題に対する「納得感」が 積み上がり、結果始めて2ヶ月後の定期試験で成績を大きく上げることができました。 この過程で少しずつ自信を取り戻してきた娘の姿をこんなに早い段階でみることができるとは夢にも思っていませんでした。

今では英語が1番好きな科目に。信じられません・・・

2ヶ月前まで大嫌いで苦痛でしかなかった英語が今では娘にとって1番楽しい教科に変わっていることが信じられないくらいです。 染谷先生との出会いがなければ今のこの状況も あり得なかったと親子共に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。 今後とも引き続きご指導のほどよろしくお願い 致します。

実際のGoogleでのクチコミ画面

実際の生徒さまの体験談

実録!3ヶ月で偏差値29から偏差値65の長文を74%正解へ

学年:高校3年生

高校:公立高校(偏差値58)

※千葉県旧コアラボオフィスでの授業

入塾時の状況

「英語がとにかく苦手だけど、受験に必要・・・」

  • 学内成績は下位
  • 英語の偏差値:29(22/200点※河合マーク模試)
  • 英単語レベル:単語帳の序盤200語をうろ覚え、中学レベル単語も暗記不足

3ヶ月後の状況

「英語が1番得意!」

  • クラスで英語を友達に教える役割に
  • 2015年明治大学文学部(偏差値65)の問題で正答率74%を記録
  • 英単語がレベル:単語帳1900語を2週終了+中学レベルの単語帳をマスター

上記のように、通常では考えられないほど短期間で英語が得意になりました。

「なんでこんなに短期間で英語が得意になるの?」

そう感じたあなたのために、リアルな3ヶ月間をありのままにレポートにしました。

詳しい実体験はこちらからどうぞ

3ヶ月で偏差値29からGMARCHレベルの長文が読めるまでのリアルな実体験

3ヶ月間で校内偏差値70超えへ!英語の苦手を克服したインタビュー

学年:高校3年生

高校:私立高校(偏差値56)

英語の苦手を克服したいから入塾

入塾したキッカケは先輩からの紹介でした。ソメヤ先生は英語を教えることが飛び抜けて上手いと聞きました。私は中学生の頃から英語は大の苦手でしたので・・・。学校の教科書や模試などの長文は読めませんでした。

はじめての授業から驚きの連続

はじめての授業では、教わる単元からまず驚きがありました。学校では教わらない「品詞」を1番最初に教わりました。とても簡単なルールで英語が成り立っていることに驚いたんです。その授業の後、英語の見方が少し変わりました。

勉強法、学習内容は全て自分に合ったものだった

普通の塾と大きな違いは、完全に1:1の中、自分に合った授業をうけれるコトだと思います。ソメヤ先生は私の英語のレベルだけでなく性格も的確に捉え、それに基づいた勉強方法や学習内容を展開してくれました。ほかの塾ではまず体験できないコトだと思います。

自立して長文読解ができるようになった

「英語の苦手を克服できたな」と思ったタイミングはいろいろとありました。今まで聞いていても全くわからなかった学校の授業がわかるようになった時や、宿題やテスト勉強のときに自分一人でも構造分析や和訳ができたときです。

校内偏差値70超えを達成!

入塾後に行われた定期テストでは、英語の校内偏差値が70を超える結果をだすことができました。テスト対策としてソメヤ先生に習った構造分析と和訳を学校の教科書の本文の全文に行いました。今までは本文を丸暗記していたのですが・・・、構造分析、和訳をキッチリとできると、本文の内容がきちんと頭に入ります。結果的に、総勉強量も減り、効率よく勉強できました。テスト本番でも本文を見たらスムーズに訳がわかるので、すらすらと問題が解けました。・・・続く

詳しい実体験はこちらをどうぞ

3ヶ月間で校内偏差値70超え!英語の苦手を克服した実体験

保護者さまへのインタビュー

半信半疑だったけど定期テスト1位の結果に納得!リアルな保護者の声

高校3年生の保護者さま

はじめは、軽い気持ちでコアラボに娘を送りだしたんです

『先輩が、塾に通って英語が出来るようになったんだって』と何気なく娘が塾の話をしてきたのが最初でした。家庭教師や塾といろいろ見てきましたが、結果は生徒によって異なるし、たまたまその先輩には合ってたんだろう。よくある話…。と軽く聞き流していました。

すると、『無料体験授業があるから行ってもいい?』と言われ、仲の良い友達と皆んなで行くんだろうと思い、『行ってくれば〜』と軽く答えその場は終わりました。

金額で驚き、本当に大丈夫?と不安がありましたが、娘の熱意に負けました

数日後、『体験授業を受けてきたんだけど、塾に通いたい。塾の案内を見てくれない?』と娘に言われました。

しかし話半分で家事をしていると、珍しく私が案内に目を通すまでずっと私から離れずに塾で体験して来た事の説明をし続けていました。そこで、娘は本気なんだなぁと思い案内に目を通し始めました。

正直、良いか悪いか判断はつきませんでした。多分、ほとんどの親は判断はつかないと思います。さらに、金額を見てビックリしました。一般的な金額とはかけ離れていましたので。

かなり自信をもってらっしゃる先生なんだなぁ。普通の塾とは違うのかなぁ。

などいろいろ考えてはみたもののやはり判断は付かず、娘の思いを尊重する事にしました。

毎回、授業の報告を先生から頂き、丁寧な先生だなぁという印象を最初に持ちました。授業報告を聞くうちに、普通の教え方と違うという事に気付き、私の方から娘に授業内容を聞く様になってしまいました。

私も学生の頃塾に通っていましたが、こんな授業を受けた事が無かったもので・・・。

娘が数ヶ月間で定期テスト学年トップの点数になったんです

娘自身は、自ら志願しただけあり、一所懸命勉強に取り組んでいました。いつも足を引っ張っていた英語が、あれよあれよという間に、定期テストで学年トップの点数になりました。

ただ、学校の定期テストは、ある程度暗記する事で乗り切る事ができます。しかし、根本的な理解は出来ていないので、定期テスト以外の試験では、苦戦する姿がしばしば見受けられます。

私も学生の時そうでした。私の塾に対するイメージは、良く試験に出る問題をピックアップし覚えさせるというものでした。(私の勝手なイメージです)しかし、日を追うごとに娘は長文を解読する様になっていました。本当に驚きました。・・・続く

詳しい実体験はこちらをどうぞ

定期テスト学年1位の結果で納得!娘が英語を苦手克服するリアル体験談

入塾後1ヶ月でいただいた保護者さまからのLINEメッセージ

実際のメッセージ:名前などの個人情報を隠してあります

ソメヤ ショウタ
身に余るお言葉です・・・!しかし、実際にお子様がぐんぐんと成長する姿を間近で見みることができました!

浪人生の生徒さまからいただいたお手紙

ソメヤ ショウタ
『ゴールは受験じゃなくてノーベル物理学賞だから』という文字に、本当に成長を感じます。

元担当生徒さまより応援の声

コアラボ設立にあたり、ソメヤが以前に担当をしていた生徒さまより応援の声をいただきました。

ソメヤと過ごした受験期間の話や、進路相談の話など・・・・

ソメヤの人となりを知る参考にしていただけたらと思います。

大学受験率1%の高校から國學院大學合格へ・・・!

國學院大學 トモナオくん

就職前提の高校から大学受験へ

僕は、偏差値40の流山南高校に通っていました。大学受験とは、まあご縁のない高校でした・・・。受験を控えているのに、就職面接の練習だってしましたし、スーツの着こなし講座だってありました。英語のテストでは、小文字のアルファベットを書くテストもあったんです。とにかく、大学受験は誰もしない前提といっていいレベルの高校でした。

ソメヤ先生だけが真剣に向き合ってくれた

受験生の中で、誰よりもどん底にいたといっても過言ではない自分に・・・真剣に向き合ってくれた先生はソメヤ先生だけでした。初めは塾に行くのがユウウツでしたが、担当がソメヤ先生に代わり、行くのが楽しみになりました。英語の知識が皆無だった自分に英語の「いろは」を教えていただきました。わかりやすく、ていねいに教えていただきました。とくに、1番最初に勉強をした品詞や文型といった単元の授業が印象深いです。夏には、英語の長文を和訳し、構造分析を行う、修行?を行ったのを覚えています。本当に大変でしたが、あの経験が全ての基礎となっています!

ソメヤ先生と共に「楽しかった、充実していた」大学受験

そして努力の末、無事、國學院大学に合格することができました。こうして大学受験について振り返ると、「楽しかった、充実していた。」と思います。そう思う理由の一つとして、ソメヤ先生の存在はやはり大きいです。あのタイミングでソメヤ先生が担当になっていなかったら、正直どうなっていたかわかりません。・・・続く

大学受験率1%の高校から挑戦!國學院大學、合格へ・・・

憧れの第一志望大学へ合格!部活引退からの大逆転劇

神田外語大学 ヒトミさん

部活を引退し、勉強の仕方がわからなかった

高3の6月まで部活に明け暮れていた私は、大学受験のことは何もわからず、勉強も全くしていない状態でした。高3の7月にある塾へと入り、言われるがままに授業を受けていました。当然私のレベルとは合わず、どうしたらいいかわからず途方に暮れていました。

「先生が苦手」だけどソメヤ先生は違った

その矢先、ソメヤ先生が担当する、私のような生徒に向けた英語の授業が開講されました。さっそく受講することにしたんです。昔から先生という存在が苦手でしたが、ソメヤ先生だけは違いました。英語ができない生徒の気持ちを理解してくれて、一人一人と向き合い根本から丁寧に教えて下さいました。そして、親しみやすく信頼できる先生でした。それまでは塾に行くのが苦痛でしたが、その授業だけは窮屈さが自然となくなっていました。

高い壁を超えて、第一志望に合格!

そして受験間近の12月、志望校対策の個別授業もソメヤ先生にお願いしました。目標を達成するために何をどう進めていくべきかを明確にして頂きました。当時の私のレベルでは、今通っている第一志望校に受かるのは相当難しいものでした。その事実は自分でもわかっていましたが、その大学に行くことしか考えていませんでした。そんな私をソメヤ先生はしっかりサポートしてくれて、さらに合格へと導いてくれました。高3の夏に染谷先生に出会えていなければ、今全力で取り組めていることもきっと出来ていません。

憧れの第一志望大学へ合格!部活引退からの大逆転劇

高校受験・大学受験、8年間ソメヤ先生と共に過ごした奇跡の軌跡

武蔵大学 ユウキくん

数々の塾が合わず・・・しかしソメヤ先生との出会いで一変

ソメヤ先生には中学2年生から高校1年生までの3年間、高校3年生の夏頃から約半年間授業を教えていただいていました。僕は小学2年生から大手の塾に中学1年生まで約5年間通っていました。グループ授業、個別授業、様々な先生方の授業を受けてきました。けれど、中学1年生の春、特進のグループ授業、加えて、英語が苦手だったので個別授業を受けていました。しかし、成績がうまく伸びきれず、退塾しました。それから塾を入って辞めたりをしてしまい、うまく自分に合った塾を見つけれずにいました。そんな中、中学2年生の時に個別塾の体験授業を受けさせていただきました。そちらでは生徒が講師を指名するという制度がありました。それぞれの教科の担当の先生方の授業を受け、自分の担当の先生を自分で選べるというものでした。先生方の授業を一通り受けさせていただき、とても印象深く、授業をこれからも受けていきたいと強く思った先生がいました。その先生がソメヤ先生でした。

「衝撃的に心地いい授業」で「本当に信頼をのおける関係」を築けると感じた

ソメヤ先生はとても柔らかい雰囲気で明るく初対面にも関わらず、趣味が合うということもあり話題も広がり、授業を心地よく受けることができました。今まで、塾の授業というものは出来ることが当たり前というようなプレッシャーを感じるのが普通だと思っていました。そんな僕には、衝撃的な程に心地のいい時間でした。その時この先生とは『本当に信頼のおける関係』を築けると感じました。・・・続く

高校受験・大学受験・・・8年間、ソメヤと共に過ごした奇跡の軌跡